生理前の肌ケア方法

生理前の肌ケア方法について

生理前は、イライラしたり、憂鬱になったりしませんか? イライラしたりすることにやって、生理前にニキビや吹き出物が出来たりします。黄体ホルモンと言うものがあり、それが大量に分泌されると、顔の皮脂が増え、お肌のトラブルにつながり、生理前に肌トラブルが起きやすくなります。

 

黄体ホルモンとは、皮脂の分泌量を増加させる働きがあります。 ニキビが出来る原因の1つとして、分泌量の増加で、お肌が子宮を守ろうとし、老廃物を外に出そうすることでニキビが出来たりするようです。

 

なので、生理前の肌ケアは、いつも以上に気を使う必要があります。 洗顔をするのはもちろんですが、脂っこい物を控える・ビタミン・カルシウムをたくさん取ることや、布団・枕カバーをこまめに交換することが大切です。

 

汚れている布団・枕カバーが、顔に付くと菌が繁殖する可能性があるので、清潔にしましょう。 逆に生理が始まると、黄体ホルモンが減少し、肌が乾燥しやすくなるので油断できません!しっかりと保湿しましょう。

 

生理中は、とてもお肌が敏感になっているので、出来るだけ刺激を与えないようしすることが大切なのです。化粧するのも避けた方がいいですが、出来ない場合は、厚化粧はしないようにし、お肌を休ませてあげましょう。 そして、生理前はお肌のバリア機能が低下しており、紫外線での影響を受けやすいです。でしので、外出する時は、日焼け止めをし、なるべく肌を露出しないようにして、しっかり紫外線対策をすることが大切です。

 

日焼け止めを塗る前に、薬局などで販売されているスプレータイプの化粧水を付けてから、日焼け止めを塗ると落ちにくく効果的と薬局のおばさんが教えてくれました。 他にも、ストレスが溜まりイライラしお肌の調子が悪くなり、浮腫んだり、くすんだりもします。

 

それは、身体が水分を溜め込もうとすることで、浮腫んだり、新陳代謝が悪くなり、くすんだりするようです。 ニキビが出来ると気になり、何回も洗顔したくなりますが、それは逆効果なのでやめましょう。朝と晩の2回の洗顔で十分です。

 

洗顔するときも、いつもより優しく丁寧に洗顔しましょう。洗顔後は保湿をしっかりしましょう。 生理前は、ニキビな吹き出物が出来やすいので、いつもより油を使わないようにして、野菜中心にするといいかもしれません。

 

生理が終わるころには、お肌に状態が安定してくるので、肌荒れもおさまってくるでしょう。 睡眠もとても大切なので、質の良い睡眠をとり、ホルモンバランスを整えることと、早寝早起きを心がけましょう。

↑ PAGE TOP