正しい洗顔方法

正しい洗顔方法

皆さん、正しい洗顔をしていますか?間違った洗顔していませんか? 私も、昔は間違った洗顔をしていました。 今回は、短期間ですが私が働いていた、エステ店で習った正しい洗顔方法を書いていきます。 注意点などがあるので、その部分は、*を使い説明します。

まずは、顔を濡らし、お使いと洗顔料を泡立てネットで少しの水を加えて、よく泡立ててください。 *顔を必ず濡らすのを忘れないでください。

 

濡らさないとお肌が傷つきます。それと水を加えすぎないことです!水を加えすぎると、泡がモコモコにならず、水っぽく垂れやすい泡になってしまいます。逆に加えすぎないのも、洗顔料の濃度が高くなりすぎて、お肌に悪いです。

泡が出来たら、顔に乗せていきます。おでこ・頬の順に泡を乗せ、手がお肌に触れないように、泡だけでクルクルと円を描くように、馴染ませていきます。

 

目元・口元は皮膚が薄くて、デリケートなので、軽く泡を乗せる感じで大丈夫です。

 

*優しくクルクルするだけで大丈夫なので、絶対にゴシゴシしないでください。角質層が傷ついてしまいます。 そして、時間をかけすぎてはいけません。お肌に負担がかかります。 そして、ぬるま湯で洗顔料が残らないように、丁寧にすすぎます。

*この時も、ゴシゴシしないようにしましょう。生え際やこめかみ・フェイスラインにすすぎ残しが多いので気を付けましょう。 ぬるま湯は、約33度くらいですが、毎日計るのは無理なので、人肌より少しぬるい程度をいいと思います。 すすぎ終わったらタオルで顔を押さえて、水気を取ります。

*タオルで擦らないで、軽くポンポン押さえるだけにしてください。 洗顔後は、放っておかずすぐに保湿してください。

*私は、講師の人に「パンツを穿くより先に、保湿だよ!」と言われました。ですが、パンツを穿いてすぐでも大丈夫です。 それより長くは、乾燥してしまうので気を付けましょう。 簡単に説明しましたが、おわかりいただけたでしょうか?正しい洗顔をして、美肌になりましょう。

↑ PAGE TOP